口臭対策用タブレットの「ミンティアネオ」を愛用していた結果

20歳男性、通っている大学で口臭がきついと言われたので、対策として

市販品のタブレットを使っています。

 

使うようになった経緯と口に入れた後の効果について書いていきます。

 

大学で講義を受けている際に、教授から名前を呼ばれたので壇上の方に

行きました。

 

壇上でレポートを報告したのですが、その後に教授に口臭がきついよと

言われたので悔しかったです。

 

 

しかも、前の方にいた人達に話が聞こえたらしく、笑われてしまいました。

 

私は悔しいと思いながら自身の座席に戻っています。

 

大学の友人に相談してみると、確かに臭いなと言われたので悲し

かったです。

 

私が落ち込んだ姿を見た友人は慌てながら、市販品のタブレットを

使うと良いよと教えてくれました。

 

 

売っている場所について聞くと、コンビニに行ってみなよと言うので

騙されたと思って行ってみました。

近くのコンビニに行き周囲を見回すと、レジの近くに確かに置いて

ありました。

「フリスクネオ」を試してみた

手に掴んだのはクラシエフーズのフリスクネオグレープ35gで、

料金は300円です。

 

この市販品を選んだ理由は、紫と黒のパッケージがかっこいいと

思ったからです。

 

店の外に行きタブレットの包装を解いて1つ口に入れてみると、口内に

グレープの香りが充満していきました。

 

とても美味しいと感じたので、味の方は文句なしです。

 

 

口臭への効果については、大学に戻ってから友人に聞くと、良い

香りがするから平気と言ってくれたので安心しました。

講義も出てみましたが、教授の所に行っても何も言われなかったので

問題なかったようです。

 

 

それどころか、口臭対策にそれを使ったのか、と教授は感心していました。

 

私への評価が良くなったので嬉しかったです。

 

口に入れると数時間ほど効果が続くことが分かったので、1日2粒使う

ことにしました。

 

午前と午後に1つずつなら大学での口臭対策に役立つからです。

周囲の評判は上々!

この生活を続けていったおかげで、次第に良い香りがする人と言われる

ようになりました。

 

褒められているので悪い気分ではなかったです。

 

 

講義の後は頭が疲れる場合がほとんどなのですが、タブレットを使う

ようになってからは疲労を感じにくくなりました。

 

なので、もしかするとストレスにも効果があるのかもしれないです。

 

私の真似をしてタブレットを口に入れ始める人が同期生の中に増えて

きました。

 

私が使っていたのは口臭防止が目的だったので、複雑な気分でした。