ブレスコントロールデントタブレットが、口臭の原因にアプローチ!

40歳に到達した男性にとって、部下とのミーティングや仕事上で

発言する機会が増えるので、口臭対策は必須と言えます。

 

コンビニでも販売されているミントタブレットでもある程度の効果は

見込めるものの、香りで口臭を誤魔化している感は否めません。

 

 

いつでも歯ブラシを持ち歩いてブラッシングする方法もありますが、

市販のタブレットを利用する手軽さには及ばないわけです。

 

タブレットが持つ口臭対策効果は、ミントなどの別の香りで包んで

覆い隠す方法と、唾液分泌量を増やして唾液による殺菌効果を狙う

役割を持っています。

 

市販のタブレットを利用した時に、清涼感を得られるものの、

食べ過ぎは良いものではありません。

 

なぜなら、砂糖が入っていれば糖分摂り過ぎとなり、人工甘味料を

使っていれば量によりお腹が緩くなることもあるからです。

PHコントロールできるタブレットの効果

妻が珍しいボトルタイプのブレスコントロール デントタブレット

使用していたので、確認してみると爽やかな香りがして、市販の製品

として十分な効果が実感出来ました。

 

1890円でネット通販を利用して購入したものでしたが、コンビニで

販売されている製品と比較すると、phコントロール有無に違いが

ありました。

 

口臭の原因菌は、口の中が酸性に傾くと増えやすくなるので、ブレス

コントロール デントタブレットにより口腔内を中性に中和すれば、

口臭の原因菌が繁殖しないようにコントロール出来ます。

 

そもそもの原因菌が増えなければ、口臭自体が発生しづらい状態となる

わけです。

唾液量が少ない人もタブレットら安心

タブレットには、香りで包み込む効果と唾液分泌量を増やす効果の両方が

備わっているので、更にphコントロール機能が追加されれば、市販の

タブレットとしては優秀だと考えられます。

 

唾液分泌量を増やすことには、ガムほどの効果は見込めないので、ph

コントロールにより少ない唾液量の範囲内であっても、他人が気にならない

レベルに雑菌の繁殖量を抑えることが出来るわけです。

 

ガムが禁止されている職場であれば、タブレットを利用することで口臭発生を

大幅に抑制することが出来るでしょう。

 

 

タブレット自体に水分はほとんど含まれておらず、唾液により溶かす

方式ですから、味次第では唾液分泌量増加に個人差が出ます。

 

phコントロール機能が利用出ることで、無理に唾液分泌量を増やし

続けなくても、ある程度の唾液分泌量さえあれば、口臭予防が期待

出来るでしょう。

 

 

タブレットを利用して口臭予防効果を狙うなら、phコントロールまで

可能なブレスコントロール デントタブレットが望ましいでしょう。